痛風の治療 | 痛風の治療に効くサプリメントランキング

痛風の治療に効くサプリメント徹底比較ランキング

食事療法を中心とした生活習慣の改善

生活習慣の改善1(食事)
①総カロリーを制限します。これは、悪化因子の一つでもある肥満の解消にもつながります。
②プリン体含有量の多い食物をできるだけ避けます。
③アルカリ性の食品(野菜・海藻類・牛乳など)を多く取る様にしてください。
尿が酸性ですと尿酸が溶けにくく、尿管結石や腎臓への尿酸の沈着の原因となるからです。
④アルコール(特にビール)は避けましょう。
生活習慣の改善2(食事以外の生活習慣)
①普段から水分を十分に取り、尿量を多くしましょう。
②適度な運動(20~30分の早足歩き、自転車こぎ、水泳などの有酸素運動)を毎日継続して行いましょう。
③精神的ストレスの発散に心がけましょう。

薬物療法による治療

急性発作に対する治療
■コルヒチン:急性発作の特効薬です。ただし、発作の前兆期あるいは初期に服用しないと効果がありません。通常、1錠(0.5mg)を数時間おきに服用します。発作が治った場合、副作用(吐き気、腹痛、下痢など)が出現した場合、総量が2mgに達した場合にはその時点で服用を中止します。長期連用では、脱毛、肝障害、骨髄障害などの副作用があるため、最近はあまり使われなくなってきています。

■非ステロイド抗炎症剤:いわゆる鎮痛解熱剤として使われている薬剤ですが、最近はこちらの薬を使用する場合が増えてきている様です。
高尿酸血症のコントロール
■生活習慣の改善でも尿酸値が9mg/dlを超えるような場合には、内服薬で尿酸を下げる治療が必要となります。尿酸を下げる薬には、尿酸産生阻害剤と尿酸排泄促進剤とがあります。

■尿酸産生阻害剤(アロプリノール「ザイロリック・アロシトールなど」):体の中で尿酸をできにくくする薬で、尿酸産生過剰型の患者さんや、腎障害・尿路結石合併例で主に使われます。

■尿酸排泄促進剤(プロベネシド「ベネシッド・プロベネミドなど」、ベンズブロマロン「ユリノーム」など):できてしまった尿酸を尿中へ  追い出す薬で、尿酸排泄低下型の患者さんで主に使われます。このグループの薬剤を服用するときには、水分を十分に摂取して尿量を増加させ、  尿をアルカリ性に保つために重曹やウラリットU等の尿アルカリ化剤を併用して、尿のpHを6.0~6.5に維持する事が必要です。

■どちらの薬剤を使用する場合でも、定期的に尿酸の値をチェックして、継続的に尿酸をコントロールすることが大切です。生涯にわたる治療が必要であることを十分に理解し、治療に取り組んでください。
痛風に効果的なサプリメント 口コミランキング
痛風に効果的なサプリメント 口コミランキング痛風に効果的なサプリメント 口コミランキング痛風に効果的なサプリメント 口コミランキング痛風に効果的なサプリメント 口コミランキング痛風に効果的なサプリメント 口コミランキング


漢方の田七人参を配合し、豊富な栄養成分で効果を体感出来る!!【白井田七】