痛風の原因|痛風の治療に効くサプリメントランキング

痛風の治療に効くサプリメント徹底比較ランキング

痛風の原因

高尿酸血症により関節などに炎症を引き起こす
痛風は「高尿酸血症」という病気が原因で起きます。激烈な痛みを起こす痛風発作は、この病気が原因で起きる関節炎のためです。体内で増えすぎた尿酸の結晶が関節の中にできることで炎症を起こすのです。

そもそも尿酸というのは、食物にも含まれる「プリン体」と呼ばれる物質が体内で代謝されてできる物質で、通常は尿中に排泄されます。排泄される前段階では血液に溶けた状態で存在していますが、尿酸の血中濃度が高い状態が続くと、血液に溶けきれなくなってしまい、関節などに結晶として溜まってしまうのです。通常はないはずの結晶が溜まることで炎症を起こし、激烈な痛みが起こります。このように尿酸の血中濃度が高い状態を「高尿酸血症」と言います。
①尿酸が過剰に作られる。 ②尿酸の尿中への排泄が低下。
高尿酸血症の原因は大きく2つに分けられます。1つは尿酸が過剰に作られること、もう1つは尿酸の尿中への排泄が低下することです。例えば、食物として摂取するプリン体の量が多ければ尿酸はたくさん作られますし、腎臓の機能が低下すれば尿酸の排泄が少なくなります。この他にも、遺伝的な要因や生活習慣が大きく関係していることがわかっています。利尿剤などの薬によって尿酸値が高くなることもあります。

尿酸の結晶は、血液中の尿酸値が7.0mg/dlを超えるとできてしまうため、尿酸値7.0mg/dlを超えた場合を高尿酸血症と診断します。ただし、尿酸の値は変動しやすいもの。1回の検査の値で高尿酸血症と断定することはできないので、複数回測定した結果で診断します。

痛風発作のきっかけ

激しい運動
運動後に尿酸値が急激に上昇し、痛風発作を起こしやすくなります。
また、長時間の運動や捻挫などにより、関節部に負担をかけることも、発作のきっかけになるといわれています。
過食とアルコール
カロリーの摂り過ぎ、アルコールの飲み過ぎ、プリン体やたんぱく質の過剰摂取も痛風発作の要因になることが分かっています。

強いストレス
人間関係のトラブルや仕事上で強いストレスがかかると痛風発作のきっかけになる場合があります。
苛立ちや焦りからくる発汗や、脱水なども尿酸値上昇に起因しているといわれています。
体温低下・水分不足
体温が下がると尿酸ナトリウムの結晶化が促進され、尿酸結晶が剥がれ落ちる可能性が高くなるといわれています。
体内の水分が減少すると、血液中の尿酸値が上昇し、痛風を発症させます。
痛風に効果的なサプリメント 口コミランキング
痛風に効果的なサプリメント 口コミランキング痛風に効果的なサプリメント 口コミランキング痛風に効果的なサプリメント 口コミランキング痛風に効果的なサプリメント 口コミランキング痛風に効果的なサプリメント 口コミランキング


漢方の田七人参を配合し、豊富な栄養成分で効果を体感出来る!!【白井田七】